Home
Home
境内探訪
行事の紹介
さぬき広島について
お大師まいり〜讃岐広島ミニ八十八か所〜
 

玉瀧寺の年間行事について

玉瀧寺の主な行事を紹介します

日時 行事 会場 概要
1月3日 10時〜 新春初護摩供 玉瀧寺本堂 ご本尊・毘沙門天護摩供
福徳円満・諸願成就のご祈願
「毘沙門天王護符(竹串)」「角大師護符」の配布
旧暦3月21日

護摩供は9時30分〜
お大師まいり 玉瀧寺本堂 島内各所でお大師まいりのお接待
玉瀧寺本堂でお接待&護摩供
※開催日は毎年違うので暦で確認ください。
※広島島内における「お大師まいり」の模様はこちらをご覧ください。
6月1日 10時〜 春のお講・山家会法要 玉瀧寺本堂 天台宗宗祖伝教大師(最澄)ご命日の6月4日に由来
各家先祖代々供養
7月29日 10時〜 施餓鬼会法要 玉瀧寺本堂 施餓鬼供養
各家先祖代々供養
8月13日 8時30分〜 盆経(棚経) 檀家各家 市井地区のお盆経
各家先祖代々供養
11月24日 10時〜 秋のお講・霜月会法要 玉瀧寺本堂 中国天台宗高祖智者大師(智)ご命日の11月24日に由来
各家先祖代々供養
12月25日 8時30分〜 すす行(煤行) 玉瀧寺本堂
檀家各家
本堂において御札開眼
各家の家内安全祈願、「歳徳善神」「仁王般若経家内安穏息災祈攸」「御幣(竹串)」の配布

【付記-1】「春のお講」「施餓鬼会」「秋のお講」は諸事情により日程が変更になる場合があります。檀信徒の方は市井自治会の掲示板や『ふれあいニュースひろしま』の島内行事予定表もご覧ください。
【付記-2】上記以外に、各家ご法事や特別祈願、その他行事、会合が開かれることがあります





◆新春初護摩供【1月3日】
新年を迎えるにあたり、ご本尊・毘沙門天様ご宝前にて天台密教の毘沙門天王秘法供による護摩供を奉修し、1年の各家安泰、福徳円満、諸願成就のご祈願をします。
希望者には、「祈願護摩木」によってご祈願し、また「木札御札」をお加持・祈祷した御札を授与いたします。
また、参詣者には「添え護摩」にご参加いただきます 。
さらに本尊「毘沙門天王護符(竹串)」や、1/3の元三大師(良源)にちなみ、魔除守護の「角大師護符」が各家に配られ、各家は玄関先に貼ります。



◆お大師まいり

毎年の旧暦3月21日、讃岐広島では「お大師まいり」が行われ、内外から大勢の参拝者やお遍路さんが訪れてにぎやかな春の一日となります。島内に約20か所のお接待所が設けられ、玉瀧寺は広島ミニ八十八か所の第62番札所になっており、お接待所の一つです。
毎年、旧暦3月21日(=その年によって実施日が違うのでお手元の暦で確認ください)に行われるのは、弘法大師が承和2(835)年に62歳で高野山で入定されたご命日に由来します。
当日の午前中は本堂において護摩供が奉修され、添え護摩木によるご祈願や前年の行事等で上げられた経木塔婆や古い御札のお焚き上げ供養も行われます。



◆春のお講・山家会法要

6月4日は日本天台宗の宗祖伝教大師(最澄)のご命日です。山家会(さんげえ)はその遺徳を偲び讃えるために奉修され、伝教会ともいわれます。
伝教大師は御遺言で、「心形久しく労して一生此に窮まる」と、「長年にわたり数多の苦労に立ち向かってきたが、ついに一生が尽きようとしている…」という心境を述べられました。まさに大師の一生は大乗仏教弘通に捧げた生涯でありました。弟子たちには、「決して悲しんだり、喪に服したりして時を過ごすことなく、怠りなく修行に努めよ」と告げられ、弘仁13年6月4日、57歳で亡くなられました。
「我がために仏を作ることなかれ、我がために経を写すことなかれ、我が志を述べよ」という御遺誡が、弟子の別当大師光定によって記録されています。また、866年には「伝教大師」の諡号(しごう)を賜りましたが、これが日本初めての大師号です。
春のお講というものの、行事は6月初旬です。当山の法要では、「法華懺法」で山家会法則が奉読され、「伝教大師和讃」がお唱えされます。そして経木塔婆をあげて檀家各家の先祖代々菩提の供養が行われます。




◆施餓鬼会法要
この日は本堂脇に施餓鬼壇を設け、三界萬霊位牌を奉安し、笹に五如来幡多を飾り、キュウリやナスや素麺などののお供えをします。
法要では光明供施餓鬼作法を奉修し、餓鬼道で苦しんでいる亡者に飲食を施す供養を行い、光明真言をお唱えして各家先祖代々菩提を祈念します。当山の法要では、経木塔婆をあげて檀家各家の先祖代々菩提の供養が行われます。
施餓鬼会のそもそもの思想は、亡きご先祖様の成仏や家族の安泰を願うとともに、有縁無縁全体の救済を願うということが根底にあるのです。
また、この法要が終わりに際し、もうすぐお盆を迎えるにあたり、各家の精霊棚または仏壇に奉安する阿弥陀如来様の幡多が各家に配布されます。
施餓鬼会法要の様子


◆盆経(棚経)【8月13日】
お盆では、各家の玄関口に施餓鬼棚(精霊棚)を設け、お供え物を供え、ご先祖様の御霊を迎えます。お家によっては仏壇にお供えをしてご先祖様をお迎えします。初盆(=初めてお盆を迎えるご先祖様)のお家は、お盆までに仏壇のそばに盆灯篭を飾ります。
お盆経は棚経ともいいますが、いわばお寺さんが各家へ行って読経する家庭訪問といえるでしょう。
お盆の時期はお墓参りや実家への帰省など、讃岐広島の島内各地区はにぎやかです。お盆期間(8/13-16)のうち、例年8月14日の夕刻から境内で盆踊りが開催され、翌日に市井浜でお盆の灯篭流し(近年はお焚き上げ供養)がされています。



◆秋のお講・霜月会法要
天台大師智(538〜597年)は中国の隋代に活躍した中国天台宗の開祖であり、『法華経』の講説が特に有名です。中国の釈迦と讃えられ、「高祖天台智者大師」といわれています。その遺徳を讃え、報恩の誠を捧げるのが天台大師報恩講法要で、香川県の天台寺院では通称「お講」と呼ばれています。「霜月会・しもつきえ」というように、天台大師の遷化日である11月24日にちなんで、天台宗寺院では11月に開催されます。
当山の法要では、「法華懺法」で天台会法則が奉読され、「天台大師和讃」がお唱えされます。そして経木塔婆をあげて檀家各家の先祖代々菩提の供養が行われます。



◆すす行(煤行)【12月25日】
「すす行(すす払い行)」とはあまり聞かない言葉かもしれませんが、当山では年末に住職が市井地区の各檀家を回って家内安全を祈願します。あえて言えば冬の棚経みたいな感じで、年末のすす払いにちなんで、区切りも新たにして明くる年を迎えるという意義です。
各家を巡回するにあたり、まずは本堂で御札の開眼が行われ、そして「歳徳善神」「仁王般若経家内安穏息災祈攸」「御幣(竹串)」を配り、各家の神棚前で錫杖を振って『般若心経』を唱えます。
江戸時代には玉瀧寺が賀茂神社(同じ市井地区にある)の別当を勤めており、神仏習合が今に継承されている、全国的にも珍しい風習であろうと思います。
ちなみに讃岐広島では市井と茂浦の両地区で年末にすす払い行が行われています。
 


Top