Home
Home
境内探訪
行事の紹介
さぬき広島について
お大師まいり〜讃岐広島ミニ八十八か所〜
 


Contents
塩飽諸島について さぬき広島について 讃岐広島の観光ポイントや名産など
玉瀧寺のある『市井地区』について

■塩飽諸島について

讃岐広島について説明する前に、まずは塩飽諸島とその歴史について触れておきましょう。
塩飽諸島(しわくしょとう)は瀬戸内海の中でも、岡山県と香川県に挟まれた西備讃瀬戸に浮かぶ大小合わせて28の島々の総称です。これらの島々が織りなす瀬戸内の多島美は絶景です。主な島という意味から「塩飽七島」と言われるのは、本島、広島、牛島、手島、櫃石島、与島、高見島の七島です。
「塩飽」の由来ですが、2説あります。一つは、その昔、江戸時代以前に、島の浜辺で製塩をしており、「塩焼く」→「しわく」となったというものです。
もう一つは、東と西から流れ込んだ潮がこの辺りの備讃瀬戸でぶつかりあい、潮が複雑に渦巻いて流れ、湧きたつことから「潮湧く」→「しわく」となったというものです。

太古から瀬戸内海の海上交通の要衝として、また造船、海運、海賊の根拠地として発展し、戦国時代には塩飽水軍が活躍しました。豊臣秀吉の朝鮮出征の功により朱印状(朱の印章が押された公文書のこと)を授かり、塩飽七島1250石を人名(にんみょう)と称された650人の船方が統治しました。武士ではない彼らに塩飽七島の領地所有を認め、独自に行政する権利を与えたのです。

そして江戸時代は塩飽諸島の中心島として本島に塩飽勤番所が置かれ、この人名制による独特の自治が行われました。塩飽諸島が海上交通の要所であることはもとより、平時は海運業に従事し、有事には軍船を率い馳せ参じる塩飽水軍の力や操船技術が高く評価され、徳川家康からも朱印状を授かり、江戸時代は幕府の水軍・御用船の御用船方を務めました。
寛文12(1672)年、河村瑞賢が出羽国の米を江戸に運ぶべく西回り航路を開くと、塩飽の島民はその運航を一手に担い、江戸や大阪など諸国の港に出入りし、廻船業で栄えました。新井白石が『奥羽海運記』で「塩飽の船隻、特に完堅精好、他州に視るべきに非ず」と讃えたほどです。こららの廻船が金毘羅大権現の旗を掲げて諸国を巡ったので、金毘羅大権現が航海の神として全国に広く知られるようになったといいます。
しかし、享保6(1721)年に、廻船の運航権を大坂の廻船問屋に取られると、島民はそれまで培った船大工の技術を生かして家大工や宮大工へと転身し、瀬戸内海沿岸を中心に建築を行い「塩飽大工」と呼ばれました。
幕末には万延元(1860)年に太平洋を横断した幕府の船・咸臨丸の乗組員は、50名中35名を塩飽の島民が占めていたといいます。

意外と知られていないのが、外国の船が瀬戸内海の寄港地として塩飽諸島に来ていたという記録がいくつかあります。
『中世の讃岐』(美巧社刊)によると、天正5(1577)年にフロイス宣教師が京都から豊後へ下る時に塩飽島へ立ち寄った記録が『耶蘇会士日本通信』にあり、オルガンティノ布教師の報告書『イエズス会日本年報』に塩飽島に寄港して塩を求めたと記されています。
江戸後期の文政9(1826)年にはオランダ商館員とともに江戸へ旅をしたドイツ人医師シーボルトは、その頃に塩飽諸島へ訪れ、塩飽諸島の多島美とたくさんの船が行き交う様子や島の様子に大変感動したということです(『ヨーロッパ人の瀬戸内海航海記』)。また、広島には慶応2(1866)年、瀬戸内海を調査中のイギリス測量船セルビア号の船上で病死した英国士官レキの墓があります。

現在も本島の塩飽勤番所(国の史跡指定)に織田信長、豊臣秀吉、徳川家康から与えられた朱印状が現存しています。本島の笠島地区は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。
昭和63(1988)年に瀬戸大橋が開通して瀬戸内海三橋時代の幕開けとなり、平成20年に瀬戸大橋20周年を迎えました。残念ながら、塩飽のいずれの有人島も近年は過疎化、高齢化が進んでしまっています。

<参考>
◎塩飽諸島について(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E9%A3%BD%E8%AB%B8%E5%B3%B6
◎塩飽諸島と船方衆
 http://www3.ocn.ne.jp/~h-kimm/ship02.html
◎さぬき瀬戸 しまネッ島
 http://www.pref.kagawa.jp/kanko/seto-island/
◎新瀬戸内海論 島びと20世紀(四国新聞社HP、2000年の連載)
 http://www.shikoku-np.co.jp/feature/shimabito/


■さぬき広島について

讃岐広島は、塩飽諸島の中で最大の面積11.84平方kmをほこり、周囲は約19.09kmあり、広島の名前の所以はここにあります。標高312mの王頭山が塩飽28島の最高峰です。
現在、郵便番号順に、立石、江の浦、釜の越、甲路、青木、市井、茂浦の7地区に分かれています。大昔は「広島五浦」といっていたようで、釜の越は江の浦の一部であり、甲路は青木地区に属していたということです。
江ノ浦港に降り立つと、まず「いろは石の島」という大きな石柱が出迎えてくれます。「いろは・・・」を頭文字にした名言が刻まれた石碑が島内各所に建てられていて、この45基すべてを巡れば島内を一周したことになります。

歴史的には、平安時代に弘法大師空海が讃岐広島の青木地区にある心経山(標高213m)で修行したと伝えられていて、心経山山上には大師堂や大きな岩があり、「弘法大師御修行之地」の記念石碑が建立されています。
戦国時代末期、長宗我部氏に敗れた香川一族と長尾一族の落人が住みついたといい、江戸時代は本島と同じく人名(にんみょう)の島でした。

主な産業は採石業で、島の南西部の甲路地区、青木地区を中心に花崗岩が採掘されていて、良質の御影石の「青木石」は日本有数の銘石ブランドとなっています。島のいたる所に採石丁場があり、石を割る槌の響きが風物詩となっています。

一方、現在も寺院や神社が多くあり、江の浦地区に地福寺・医光寺・広島神社、立石地区に神光寺・八幡神社、青木地区に長福寺、厳島神社、弘法大師空海が修行した心経山大師堂、市井地区に玉瀧寺、賀茂神社、茂浦地区に正福寺、塩釜神社などがあります。これらの寺院は、天台宗玉瀧寺以外の全てが真言宗寺院で、讃岐広島ミニ八十八ヶ所が設置されるなど、寺社を大切に敬ってきた土地柄であり、弘法大師ゆかりの島と言えるでしょう。

平成20(2008)年8月1日現在、讃岐広島には合わせて385名(219世帯)が住民登録されています。


★上記MAPのダウンロードサービス
さぬき広島ガイドマップ〜主な見どころ&いろは石〜(丸亀市観光協会パンフより、一部改訂、PDF形式、548KB)…讃岐広島の各地区の見所や「いろは石」の設置地点がわかりやすく記載されています。
また、こちらの「讃岐広島案内地図」もご覧ください。




★上記MAPのダウンロードサービス
さぬき広島 しま山めぐり
江の浦・王頭山・心経山・甲路・青木・市井(玉瀧寺)へのハイキングマップです[2017年3月版]。
こちらからダウンロードできます(約210KB)。

★ 『さぬき広島への行き方』について
丸亀港から江の浦港へ1日8便の船(備讃フェリー)が運行されています。また、島内コミュニティバスが1日6便運行されています。
詳しくはこちら『さぬき広島への行き方』をご覧ください。



■讃岐広島の観光ポイントや名産など

風光明媚なさぬき広島の見所を紹介します。なお、島内の神社・仏閣については、今後、別ページにて掲載する計画です。

◆いろは石めぐり

江ノ浦港に降り立つと「いろは石の島」という大きな石碑が目に入ります。
広島の特産品である青木石を使った石碑が、島内を一周する約23kmの沿道に500メートルごとに45基が建てられています。「いろは・・・」を頭文字にした名言を掘り込んでおり、それぞれを味わいながら島を巡ることができます。二色文字(色ちがいの筆を一緒に握って書いた文字で錦文字ともいう)は書家の藤本正樹(玄幽)氏(故人)の揮毫です。昭和53年4月に起工し、昭和58年3月に全てが完成しました。計画と揮毫をした藤本氏をはじめとする協力者の労苦の賜物です。
『いろは石ウォーク』という秋の行事が「いろはコース」または「おくやまコース」で行われれています。歩いても良し、自転車サイクリングでも良し、風光明媚なさぬき広島を是非巡ってみてください。

◎いろはコース…江の浦港→山の神展望所→茂浦→市井→青木→甲路→江の浦港の約14km(徒歩で約4時間半)
◎おくやまコース…江の浦港→立石→はじかみはな→茂浦→山の神展望所→江の浦港の約11km(徒歩で約4時間)
◎広島いろは石
 http://www.geocities.jp/simah072/irohaisi.html
青木石材協同組合
 http://www.aokiishi.com/
◆江の浦海水浴場

丸亀港から江の浦港に備讃フェリーが就航しています。江の浦港から徒歩5分の所に「江の浦海水浴場」があります。
白砂が一面に広がる海水浴場で、道路越しにすぐ民宿(香川義孝氏宅/休憩&宿泊は素泊まりのみ、TEL0877-29-2035)があります。
http://www12.ocn.ne.jp/~marugame/
details/shop_island/stay_05.html


 江の浦海水浴場から王頭山(右)を望む

◆王頭山(標高312m)

王頭山は「香川のみどり百選」に選ばれており、日帰りハイキングに最適です。江の浦港から徒歩15分で登山口へ着き、塩飽諸島最高峰の山頂からは瀬戸内の多島美を一望でき、瀬戸大橋や五色台、讃岐富士(飯野山)も見渡せます。
山頂の手前100mの辺りは「王頭砂漠」といって、白い砂の山肌に巨岩が重なる造形美が広がっています。自然石がころがっている石庭のような場所があったりと、何故か不思議なことに付近に樹木があまりありません。
「ぼうずやしき」という伝説では、その昔、王頭山に寺があり、大きな毛むくじゃらの僧がやってきた時、寺の和尚さんが出て行くように言ったところ、僧が口から火を吐いて、寺が全焼してしまいました。その後、辺りは木も草もあまり生えなくなったという言い伝えがあるそうです。
★香川のみどり百選「広島・王頭山」
http://www.pref.kagawa.jp/kankyo/shizen/
guidemap/select/setouchi/15.htm

★登山レポート
◎広報まるがめ「ふるさとウォチング」王頭山

http://www.city.marugame.kagawa.jp/
itwinfo/i3183/file/24p.pdf

◎BASE-CAMP
http://www.sikoku-basecamp.co.jp/work/
report/yama/04/0406outou.htm

◎コモちゃん単独行
http://www7a.biglobe.ne.jp/~suro-nayama
aruki/08/0223/0223.html

◆レキの墓

慶応2(1866)年、瀬戸内海を調査中のイギリス測量船セルビア号の船上で病死した英国士官レキの墓が、江の浦地区の広島中学校近くの川のほとりにあります。明治29(1896)年にセルビア号が再び広島に寄港し、船長から島の人たちに感謝状が送られました。
国境を越えたドラマに思いをはせ、今も島の人たちによって四季の花が手向けられています。

◆旧・尾上邸

立石地区にある旧・尾上邸は、高さ4.5メートルの石垣を巡らせた豪壮な建物に「塩飽大工」と呼ばれた人たちの技術が随所に発揮されています。約200年前に、海運業で栄えた尾上吉五郎が総ケヤキ造りで建てたものです。
江戸時代に千石船で繁栄した面影をよく残しており、民家と言うよりは、扇の勾配の石垣が見事な小城のようであり、まさしく豪邸と言うべきでしょう。
外観見学は自由(内部見学不可)。

◆心経山(標高213m)

青木地区に弘法大師御修行の地と伝えられる心経山(標高213m)があり、般若心経に由来するであろう名前の如く、昔からの信仰の山であり、青木石の石切場の山です。
山頂一帯から弥生時代中後期の土器、石包丁などが出土しており、太古より人が住む島であったことが伺えます。
また、頂上には弘法大師が修行をしたとされる岩や大師堂、記念碑などがあり、ここからの青木集落越しの瀬戸内海の眺めもすばらしいです。青木地区の麓から山頂の大師堂まで徒歩で約30分。

◆山の神展望所

広島のほぼ中央に位置し、江の浦地区と茂浦地区との間の峠に山の神展望休憩所があります。眼下に茂浦地区や岡山県側の瀬戸内海が広がります。空気が澄んだ晴れた日には対岸の倉敷市まで見渡せます。眺望良好!。トイレもあり。

◆石の里資料館

島の特産品の青木石の説明や石屋の道具、島の人々の生活用具などが展示されています(見学無料)。
青木地区の石の里広島デイサービスセンター(旧広島西小学校校舎)の2階です。TEL0877-29-2430。

◆ヒロニンダ

島に伝わる健康食品「ヒロニンダ」。卵とニンニクを炒めてミキサーで粉末状にしたもの。島の奥さんたちの手づくりです。
個人的に、まだ食べたことがないので是非食べてみたいです。

◎さぬき広島特産の自然食品ヒロニンダ
 http://www.geocities.jp/simah028/
◆食堂やジュース自動販売機

ジュースの自動販売機は、江の浦地区では江ノ浦港待合所、民宿香川義孝宅、ふる里おかのに、釜の越地区と甲路地区に各1台、青木地区では天野商店にあります。
お酒はふる里食堂おかの自動販売機と天野商店(県道沿い)で販売されています。また、青木地区の港にある香川商店、甲路地区の中條米穀店(県道沿い)で食料品が売られています。
また、金崎ガソリンスタンド(県道沿い)が甲路地区にあります。
なお、島内にコンビニや食堂はありません。弁当やおやつ、お茶等を持参するのが確実です。

【ご注意!】ふる里食堂おかの(江の浦地区)は平成23年12月末で食堂を閉店しました。

天野商店(食料・雑貨店/青木地区)


<参考>
『塩飽広島めぐり』(直井武久著)、『本島』(丸亀市商工観光課・丸亀市観光協会)、『中世の讃岐』(美巧社)他
◎丸亀市観光情報「塩飽諸島 広島」
 http://www.city.marugame.kagawa.jp/sightseeing/spot/09/03.html
◎丸亀市観光協会「広島」
 http://www12.ocn.ne.jp/~marugame/area/index_hiroshima.html
◎さぬき瀬戸 しまネッ島「広島」
 http://www.city.marugame.kagawa.jp/sightseeing/sima/hiroshima/
◎四国風物選「さぬき広島」
 http://www.h4.dion.ne.jp/~toso504/Sikokufuubutusen/Sikoku-Kaiyou-kagawa17.htm


 
Top