Home
Home
境内探訪
行事の紹介
さぬき広島について
お大師まいり〜讃岐広島ミニ八十八か所〜

玉瀧寺BLOG
  …ニュースや与太話、いろは石についてなど[不定期更新]

護符・御札の授与&ご祈願

◆讃岐広島の主な神社仏閣

讃岐広島への行き方

フォームメール
  …ご意見・ご感想・お問い合わせ

関係リンク集

天台宗玉瀧寺
Gyokuryu-ji

〒763-0106
香川県丸亀市広島町市井739番地

 

玉瀧寺の由緒・沿革

寛文3年(1663)に光慶法印が中興開山
瀬戸内海の塩飽諸島唯一の天台宗寺院

玉瀧寺(ぎょくりゅうじ)は山号から「寶海山多聞院玉瀧寺」といい、多聞院の名前のごとく、御本尊は毘沙門天(多聞天)を奉安する。
瀬戸内海の塩飽諸島は有人・無人を含めて大小28の島からなり、玉瀧寺は「塩飽七島」の一つである「広島」の市井地区にあり、市井港から南西の少し高台に位置し、境内から市井浦や手島を望む瀬戸内海が見渡せる。

往古の開基は不明であるが、寺伝によれば、寛文年間(1661〜1672)より前は永福寺(一説には円福寺とも)といい、讃岐本島の正覚院(妙智山正覚院観音寺)の末寺で真言宗であったという。
江戸時代初期以前には、「廣島七福寺」と言われる真言宗寺院があったらしく、その一つであったという。なお、讃岐広島に現在6ヶ寺があるが、「福」が付く寺院は江の浦地区の地福寺、青木地区の長福寺、茂浦地区の正福寺が法燈を今日まで継承されている。

さて、ところが万治3年(1660)に火災に見舞われ、堂宇はことごとく灰燼に帰したという。この火災で寺は一時廃絶同然であったが、寛文3年(1663)に比叡山北谷総持坊の老僧・光慶法印が、讃岐丸亀の妙法寺に滞在していた折、この被災を伝聞して広島へ渡り、見事に寺を再興したという。この中興開山の光慶法印との御縁により、比叡山総持坊末となり、「玉瀧寺」と寺名を改めた。また、江戸時代の玉瀧寺は地元の市井浦にある賀茂神社の別当寺(神社とともに設置された寺院)であった。

一方、平安時代に弘法大師空海が讃岐広島の青木地区にある心経山で修行したと伝えられている。この心経山や讃岐広島の最高峰の王頭山(標高312m)から北に位置するのが市井地区で、玉瀧寺に毘沙門天が祀られているのは、島の北方守護という意味合いもあったのではないだろうか。

明治初期に玉瀧寺で寺子屋が開かれていたが、明治19年に小学校令が公布されると、明治20年に玉瀧寺を仮校舎と定めて市建小学校が設立された。これが後の市井尋常小学校や広島中尋常小学校や広島西小学校の前身であった(注:広島西小学校は平成8年3月末で統廃校)。

明治42年6月、和田戒心住職の時に比叡山延暦寺直末となり、瀬戸内海の塩飽諸島唯一の天台宗寺院として今日に至る。昭和58年、遠藤教有住職の時に地元檀信徒や有縁者の協力を得て、本堂が改築、落慶された。現在は中興第19世大岡真祥が住職をつとめている。
讃岐広島では、毎年旧暦の3月21日にお大師まいりのお接待行事が島内各所で開催され、にぎやかな一日となるが、玉瀧寺は讃岐広島ミニ八十八か所の「第62番札所」になっている。

参考/『仲多度郡史』(大正7年発刊)、『心経−広島西小学校創立百周年記念誌』(昭和62年発刊)
玉瀧寺の全景


玉瀧寺へのアクセス

【備讃フェリー】丸亀港から江の浦港で下船(1日8便)
江の浦港から車で茂浦経由で約10分、青木経由で約15分

【島内コミュニティバス】島内7地区を巡回するコミュニティバス
(江の浦港待合所発は1日4便)
江の浦港待合所発、市井停留所で下車して徒歩3分

※広島汽船さちかぜ号は運航していません(H26.9月現在)。ご注意ください。

丸亀市広島町の概図

◆こちらの「讃岐広島への行き方
」も参照ください



天台宗 玉瀧寺 〒763-0106 香川県丸亀市広島町市井739番地

当寺へのご連絡はメニューの『フォームメール』をご利用下さい。折り返し返信いたします。

IE11.0で動作確認しています。This web page is described in Japanese.

Copyright(C) 2008-2015 Gyokuryu-ji temple. All Rights Reserved

since Sept.15 2008
 
Top
 
>