Home
Home
境内探訪
行事の紹介
さぬき広島について
お大師まいり〜讃岐広島ミニ八十八か所〜
 


玉瀧寺の境内や建物を紹介します


◆山門
昭和26(1951)年3月、遠藤順台住職の時に建築されました。木造瓦葺き。
また、山門には半鐘(平成5年に鋳造、遠藤順昭住職代)が設置されています。山門脇には大きなクスノキが生い茂っています。
なお、山門前に「天台宗宝海山玉龍寺」の石碑が建立されていますが、当山の寺名は龍(ドラゴン)ではなくて瀧(滝)が正しく、「玉瀧寺」です。御寄進くださった方には有り難くかつ申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

玉瀧寺山門


◆本堂
昭和58(1983)年7月、遠藤教有住職の時、地元檀信徒や市井地区出身者等の絶大な協力で新築落慶されました。軽量鉄骨・平屋瓦葺き。
本堂内は正面に向かって左側が祈願堂、右側が回向堂となっています。
祈願堂には、ご本尊・毘沙門天様をはじめ、不動明王様、聖徳太子様などを奉安しています。護摩壇があり、毘沙門天護摩供が厳修されます。
一方、回向堂は、弥陀三尊(阿弥陀如来様・観音菩薩様・勢至菩薩様)を中心に、天台大師像、伝教大師像、各位牌などが祀られていいます。春と秋のお講法要(山家会・霜月会)や施餓鬼会法要は回向堂で奉修されます。

本堂の外観 本堂の中の様子(左が祈願堂と右が回向堂)


御本尊・毘沙門天について 〜木像、身丈2尺、厨子入り、真阿作〜

本尊・毘沙門天木像毘沙門天(びしゃもんてん、梵名ヴァイシュラヴァナ[vaizravaNa])は、仏教における天部の仏様で、多聞天(たもんてん)ともいいます。玉瀧寺が多聞院と称するのはこれに由来します。
多聞天、持国天、増長天、広目天の四天王は帝釈天の配下として須弥山の四つの門を守る仏教の護法神であり、武神です。多聞天(毘沙門天)は北方を守護します。多聞というのは、「常に仏の道場を守護して説法を聞く」「福徳の名声が十方に聞こえている」という意味に解釈されています。
毘沙門天は、四天王の一員としてだけでなく、中央アジア、中国など日本以外の広い地域で独尊として信仰の対象となっており、玉瀧寺の毘沙門天も本尊様として奉安されています。なお、日本では、四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例です。一般的に毘沙門天像は宝塔を手に持つものが多いと言われています。

日本において、毘沙門天で有名な信貴山朝護孫子寺の縁起によると、聖徳太子が物部守屋討伐の戦勝祈願をした際に、即ち、用明2年(587年、寅年)の寅の月の7月、寅の日・寅の刻に、聖徳太子は、虎を従えた毘沙門天様を感得され、戦勝の秘法を授けられたという伝説があります。
これとは別に、比叡山とゆかりの深い鞍馬寺(京都市)の縁起によると、鑑真和上の高弟・鑑禎上人が寅の月・寅の日・寅の刻に鞍馬の地を霊夢で教えられ、この地に毘沙門天を祀ったことに由来します。鞍馬寺の毘沙門天像も有名です。こういった毘沙門天と虎の伝説から、虎は毘沙門天の使いと考えられるようになりました。

玉瀧寺の毘沙門天は、腰を曲げ、憤怒の形相ですが、時にその目や口元から優しさを感じるような雰囲気のお顔立ちです。法輪形の後背に火焔が施され、宝冠をかぶり、甲冑を身に着けた武将の姿で、左手に三叉戟(三又の鉾、一部損壊)を持ちます。左手に鉾を持ち、右手を腰に当てて、毘沙門天のシンボルである宝塔を持っていない容姿は珍しく、鞍馬寺や三室戸寺の毘沙門天像と同様の「鞍馬様」と呼ばれるものと考えられます。毘沙門天と虎の伝説に基づいてでしょうか、当山の毘沙門天像は虎の上に乗って立たれています(※邪鬼に踏み乗る毘沙門天像が多いですが、鬼にはみえません)。

一方、日本独自の信仰として毘沙門天は七福神の一つとされ、財宝や福徳を与える仏様としてお祀りされています。特に四天王の中で最強といわれ、戦勝祈願や勝負事にご利益ありとして崇められています。
歴史的に戦の神として武将に信仰され、例えば、楠木正成は両親が毘沙門天に祈って授かった子なので多聞丸という幼名であったとか、上杉謙信は自分の守り本尊として信仰して旗印に使っていたのは有名です。

ご真言は「オン・ベイシラマナヤ・ソワカ」。梵字はベイ。

参考:『図解・仏像の見分け方』大法輪閣刊



◆庫裡
昭和10(1935)年1月、正見真順住職の時、再建されました。木造平屋瓦葺き。
四国・香川県の瀬戸内海地方は温暖な気候なので、境内に2本の蘇鉄があり、ひときわ目を引きます。
また、庫裡や本堂の背後に竹林が広がっています。

玉瀧寺庫裡


◆不動石仏の祠堂
全長約1mの不動明王様の石仏を祀る小さなお堂。無明煩悩を焼き尽くす象徴であるお不動様の火焔に赤く色が施されているのが特長です。由緒不明。

不動明王の石仏


ヤマモモの古木と三界萬霊碑
樹齢百年以上は間違いないであろうヤマモモの大木が境内のほぼ中央に鎮座しています。そしてこのヤマモモの古木のすぐ脇に『三界萬霊碑』が建立されています。
写真をご覧の通り、石碑の上頭部にヤマモモの太い枝が食い込むように、しっかりと石碑が支えています。まるでお互いが一心同体かのようで不思議です。
三界萬霊の石碑の全高は約3m。建立年は不詳。
一方、ヤマモモの古木の樹高は約◎mで、胸高幹周は最大で◎mあり、枝張りは東西に約◎m、南北に約◎mという巨木です。ただし、幹の枝分かれに裂け目があり、残念ながら傷みが見受けられますが、しっかりと大地に根をはり、かたや三界萬霊碑がその全身でヤマモモの古木を護っていると言ってもいいでしょう。

ヤマモモ古木と三界萬霊碑
仏教で三界(さんがい)とは欲界、色界、無色界の3つの世界で、全ての世界を意味します。萬霊(ばんれい)とは世界全ての有情・無常の諸精霊のことです。
このヤマモモと持ちつ持たれつの三界萬霊碑は境内墓地の入口にあります。三界萬霊碑の意義は、当山檀信徒の菩提を願うとともに、寺院参詣者が、我が家の先祖だけでなく、この世の中における有縁無縁の生命に回向して、あらゆる生き物の霊が成仏するよう願い、すべての精霊に供養することの大切さを教えるものです。つまり、我々はいつの時代も平和な安らかな世を願い、無縁の霊をも篤く祀り、広く後の世まで安泰であってほしいという祈りが込められた石碑といえましょう。
讃岐広島は「青木石」と言われる日本有数の銘石の産地です。地元産の石で作られた三界萬霊碑がヤマモモの枝葉を支えている姿は、まるで三界萬霊碑からヤマモモの古木を伝わって諸精霊が天に登らんとしているかのようです。まさに生きとし生けるもの万霊を供養するシンボルであり、そして三界萬霊の思想を体現した共生のシンボルでもありましょう。



◆境内墓地

江戸時代から続く寺院ですので、境内墓地の墓石に古いものが数多くあります。また墓碑・供養塔として建立された宝篋印塔が境内と墓地に6基にあり、この中で一番古い宝篋印塔は「元文4(1739)年」と記載されています(堀家俊彦氏の『丸亀市域の宝篋印塔』の調査では讃岐広島各所に33基の宝篋印塔が現存確認されています)。
讃岐広島をはじめとする塩飽諸島の島々は、火葬が普及するまでは「両墓制」でした。以前は、土葬するお墓即ち「埋め墓」が浜墓地にあり、お寺や集落内(市井地区は山田薬師堂横にも墓所あり)に普段お参りするための「参り墓」が作られていました。
しかし、火葬が一般的となった現代では、市井の浜墓地に墓石を建立して使用されています。なお、お隣の茂浦地区では今でも土葬の風習が残っているとのことです。

境内墓地の様子

◎向井仁助(にすけ)の墓
〜咸臨丸で市井地区から渡米した水夫(水主・かこ)〜

平成22(2010)年は咸臨丸が渡米して150周年という記念の年でした。
向井仁助は塩飽諸島から渡米した35名の水主の1人で、明治27年2月2日(明治廿七年旧正月八日)に亡くなり、戒名は本覺西入清居士。
渡米水主の写真は2枚のみが残るうちの1人で貴重。
なお、市井浜の墓地にも向井仁助の墓石があります。
おそらく両墓制の名残と推測されますが、境内は向井家の4人が一つのお墓に祀られており(=写真)、いわゆる参り墓と思われます。





【関連URL】
http://www3.ocn.ne.jp/~h-kimm/ship05.html
http://www3.ocn.ne.jp/~h-kimm/newpage6.html
http://www.shikoku-np.co.jp/feature/shimabito/1/8/index.htm
http://kanrin-maru.org/activity/2003activity/03y07_shiwaku/03Y07_shiwakushitami.html

 
Top