Home
Home
境内探訪
行事の紹介
さぬき広島について
お大師まいり〜讃岐広島ミニ八十八か所〜
 

玉瀧寺の御札・護符の授与やご祈願について


祈願を厳格にいえば、自己の問題に正面から向き合い、それを成就・解決するために、自らが誓いを立てて神仏に祈念することです。もちろん自らは目的達成のために努力精進し、ご縁を結んだ神仏のご加護をいただいて、その結果、心願成就につなげるということです。

玉瀧寺ではご本尊・毘沙門天様のご宝前に壇を設け、密教の護摩供を奉修します。
お護摩の火は仏様の智慧を象徴します。天台密教の秘法によって我々の煩悩を仏様の智慧の炎で焼き尽くし、加持祈祷の妙力によって願主の願いが成就することを祈ります。
有縁の皆さまに毘沙門天様のご加護あらんことを心より祈念申し上げます。合掌。


◆ご祈願のお申込み、御札授与(郵送)について

例えば、「普段何かと忙しくて神社仏閣へ参拝できない」「近くにお寺や神社が見あたらない」「毘沙門天様や元三大師様にご加護いただけるようご縁を結びたい」・・・そんな方に玉瀧寺では「護符(毘沙門天や角大師の護符)」や「護摩木札」を授与しています(お申込み後に郵送し、同封の郵便振替用紙にてお支払いください)。

★「フォームメール」または「FAX」でお申込みを承ります。
◎フォームメールで「願主の氏名」「お願いごと」を具体的にお書きの上、送信ください。

◎FAXの方はの『申込書用紙』を参照下さい(PDF形式、約164KB、印刷して必要事項を記入の上、FAX下さい)。

○木札授与:1体:2,000円(願主氏名、お願いごと必須、下記の写真参照、木札の大きさは30cm)

○護摩木:1本:200円(願主氏名、お願いごと必須)


※送料については、2,000円以上のお申し込みの場合は送料無料。これ以外は一律120円をご負担ください(日本国内のみ対応)。

[ミニ知識] 「護摩木札の授与」と「護摩木(添え護摩)」の違い
物事が成就するための3条件とは、
(1)自己の努力・精進
(2)周囲の協力やお陰
(3)神仏のご加護
で、これを「三力・さんりき」といいます。この3つが1つにならないと、どんな小さなことでも成るものではありません。
「ご加護」とは、神仏が力を加えて我々衆生を護って下さることをいいます。それは知らず知らずの間に神仏から受けるご利益や大自然や周囲からの恩恵であり、善行の報いとしていただく幸福です。この世のすべてが、自分の力だけで及ばないということを知り、「ありがとう」という感謝の心、「お陰様」という謙虚な心を忘れずに努力するならば、必ずや神仏は我々衆生を良い方向にお導き下さいます。祈願者のお心持ちやご精進・ご努力もお忘れなくお願いします。

さて、ご加護をいただくために、ご祈願するわけですが、「護摩木札の授与」と「添え護摩木を申し込む」という二つの方法があります。
添え護摩の「護摩木」
は、住職が願意を修法・祈念しながら焚き上げて、その護摩木の使命は完了します。
一方、「護摩木札」は、住職が願意を修法・祈念することはもちろん、祈祷された木札が祈願者に授与されます。いただいた御札を自分のお家に安置します。お家にあれば御札に対して合掌祈念することや、護られているという安心感があり、見るたびに自分の思いを新たにすることができます。また何より護摩木札はご祈祷の証でもありましょう。こういった意味合いからも「護摩木札」をおすすめしたいと思います。

◆厄除け祈願と厄年について

厄除の厄という字は木の節を表し、そこから人生の節目の意味となりました。厄年は精神的にも肉体的にも家族的にも人生の節目であり、人生の真っただ中で体調の変化があったり、災難に遭遇しやすく苦労の多い年回りとされます(下表参照)。
中でも男性42歳、女性33歳は人生の中で「大厄」とされています。また、厄払いは年始より節分までに行うことが望ましいでしょう。
どうぞ厄除け祈願をされ、神仏のご加護によって安心して生活や仕事に励み、厄年を無事に乗り切りましょう。






 
Top